歯科医師国家試験合格への道

歯科大学の入学試験について


TOPページ

歯科大学入学まで

歯科大での学生生活

歯科医師国家試験について

歯科医師になってから

歯医者さんに無料で相談できる!
日本最大の歯科相談・情報サイト

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル



歯科医院の得意分野が分かる!
"革命的"歯科医院検索システム

歯科医院検索
歯科医院検索&マッチング





歯科大学の入学試験

歯科大学の入学試験には大きく分けて、「一般入試」、「推薦入試」、「センター利用入試」があります。

一般的に、国立大学のほうが難易度が高く、私立のほうが合格しやすい傾向があります。



一般入試

一般入試は募集人数が最も多く、入試のメインとなるものです。

多くの場合、【前期・中期・後期】、【A日程・B日程】などに分かれています。


入試の時期は前期では1月〜2月頃、後期では3月頃が多いですが、最も募集人数が多くメインの試験となるのは前期やA日程など、1月〜2月頃に行なわれる試験です。

一般入試では試験の成績に、小論文や面接などの結果を加味して合否が決定されます。

歯科大学受験の際に必要になってくるのは、一番は英語、次に数学と理科で、国語や社会などの文系の教科はほとんど関係ありません。(小論文を書く際には必要とも言えますが・・・)



推薦入試

推薦入試は多くの場合、小論文と面接だけで行なわれる試験で、試験は11月〜12月頃に行なわれ、結果も最も早く発表されます。

推薦入試では、学校長の推薦があることと、試験に合格した場合には入学を確約することが必要になることがほとんどです。

募集人数はそれほど多くないので、応募人数が多い場合にはかなり競争が激しくなることもあります。



センター利用入試

センター利用入試ではセンター試験の結果と、小論文、面接などをもとに合否の判定を行ないます。

この際、やはり一番重要視されるのは英語、次に数学と理科で、国語や社会などの文系の教科はほとんど関係ありません。

こちらも募集人数はそれほど多くないので、応募人数が多い場合にはかなり競争が激しくなることもあります。


【NEXT】
入学するために必要なもの

【BACK】
歯科医師国家試験合格への道



このページのトップへ戻る

歯科医師国家試験合格への道TOP   こちらもよろしく!⇒歯医者/歯科情報の歯チャンネル