歯科医師国家試験合格への道

もしも国家試験に落ちたら・・・


TOPページ

歯科大学入学まで

歯科大での学生生活

歯科医師国家試験について

歯科医師になってから

歯医者さんに無料で相談できる!
日本最大の歯科相談・情報サイト

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル



歯科医院の得意分野が分かる!
"革命的"歯科医院検索システム

歯科医院検索
歯科医院検索&マッチング





年々下がる、歯科医師国家試験の合格率

歯科医師国家試験は、昔はほとんど合格率が90%を切ることはありませんでしたが、歯科医師過剰問題(後述)の煽りを受けて毎年どんどん合格率が下がり、今後さらにこの合格率は下がってくと予想されますので、当然国家試験に落ちてしまう人も増えていくことになります。


もしも国家試験に落ちたら・・・

万が一、国家試験に落ちてしまった場合には、3つの道が考えられます。


【1.予備校に通う】

歯科医師国家試験対策を行なっている予備校がありますので、そこに通うという方法です。
(「DES」や「麻布」といった予備校が有名ですが、予備校は他にも色々とあります)

落ちた人は全員予備校に行くというわけではなく、予備校に通うのは多く見積もって半数程度です。


【2.自宅で勉強する】

いわゆる「宅浪」(自宅浪人の略)です。

予備校に通う経済的余裕がなかったり、予備校に行かなくても自分で勉強する自信がある人は、宅浪を選ぶことになります。

ただ、自分で勉強するというのはかなりの意思の強さが必要ですので、自信がない人は予備校に通ったほうが良いかもしれません。

また、予備校には行かずに、歯科医師国家試験前に予備校が開催するセミナーにだけ行くということも可能です。


【3.あきらめる】

歯科医師国家試験の合格率は新卒では大体70〜80%程度ですが、2年目では約50%、3年目以降は20%以下になります。

4年目以降ともなると、本当に一桁程度の合格率しかありません。

今まで歯科医師になるために膨大な年月と資金を費やしてきておきながら、あきらめるというのは非常に難しいと思いますが、現実的にはもうあきらめざるを得ないという状況に陥ってしまう場合もあります。

私の身近では8年目で国家試験に受かるというミラクルを起こした人もいますが、歯科医師国家試験合格をあきらめて違うことをしている人も少なくありません。


【NEXT】
ここからが本当の勝負!

【BACK】
歯科医師国家試験の結果発表



このページのトップへ戻る

歯科医師国家試験合格への道TOP   こちらもよろしく!⇒歯医者/歯科情報の歯チャンネル