歯科医師国家試験合格への道

歯科大学でのクラブ活動


TOPページ

歯科大学入学まで

歯科大での学生生活

歯科医師国家試験について

歯科医師になってから

歯医者さんに無料で相談できる!
日本最大の歯科相談・情報サイト

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル



歯科医院の得意分野が分かる!
"革命的"歯科医院検索システム

歯科医院検索
歯科医院検索&マッチング





歯科大学でのクラブ活動について

歯科大学でも一般の大学と同様に、クラブ活動が行われています。

全体的なレベルは一般的な大学と比べると低いことが多いのですが、部活によっては一般の大学に引けをとらないようなところもあります。

ただし、5,6年生になると勉強が忙しくなってくるので、部活に専念できるのはせいぜい4年生まででしょう。(私が行っていた大学の野球部は、ほぼ全員6年生までやっていましたが・・・)



歯学体(デンタル)について

歯学体(通称:デンタル、オールデンタル)とは全日本歯科学生総合体育大会のことで、全ての歯科大学が参加するスポーツの祭典のようなものです。

ほとんどの部活は、この歯学体を目標に練習を行ないます。


歯学体は8月に行なわれる場合が多いのですが、スキーやアメフトなど、3月に大会が行なわれる場合もあります。

歯学体では各部活の順位によって該当する大学にポイントが与えられ、その総合ポイントによって優勝・準優勝などが決められます。(ただ、ほとんどの学生にとって大学の順位はどうでもよく、興味があるのは自分の所属している部活の順位だけです)

歯学体は歯科大学同士の交流の意味も兼ねて行なわれており、主管は毎年違う大学が順番で受け持つことになります。



部活も勉強も基本は一緒!

部活でも勉強でも、「目的を達成するために努力をする」という点は全く同じです。

「勉強がやばいから部活をやめます」という人もいますが、そういう人に限って部活をやめても勉強をせず、結局留年や退学になってしまうケースが多いように思います。

大学6年間は長丁場なので、いかにモチベーションを高く持ち続けられるかが勝負になってきます。

その点、部活をしていればストレス発散にもなりますし(逆にストレスが溜まることもありますが・・・)、部活の部員同士で励ましあいながらモチベーションを維持しあうことも出来ます。

特に部活で出来た親友とは、卒業後も良い関係が続けられることが多いので、部活にはぜひ入ることをお勧めします。


【NEXT】
アルバイト

【BACK】
歯科大学での学生生活:6年生



このページのトップへ戻る

歯科医師国家試験合格への道TOP   こちらもよろしく!⇒歯医者/歯科情報の歯チャンネル